コンテンツ一覧へジャンプ
サイト内検索
検索
メールを送る
サイトの現在位置
トップ部署一覧町民サービス部 税務窓口課
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
町民サービス部 税務窓口課
開成駅東口に「ぷらっと・かいせい」がオープン!
施設内には、開成町駅前子育て支援センター「あじさいっこ」と、証明書発行を行う「開成町駅前窓口コーナー」があります。
町民サービス部 税務窓口課
平成27年10月5日マイナンバー制度の開始に伴い。各世帯へ簡易書留にて「通知カード」が送付されます。
町民サービス部 税務窓口課
平日の午後5時以降や土曜日の午前中も証明書発行等ができます。
(ただし、時間及び曜日によって発行できない証明書がありますので下記「取得できる証明書の種類と手数料」をご確認ください)
町民サービス部 税務窓口課
住民基本台帳法第11条第3項および第11条の2第12項により、閲覧状況を公表します。
町民サービス部 税務窓口課
転入される前にお住いの市区町村で発行したマイナンバーカード、住民基本台帳カードは手続きをすると引っ越し先の住所でも継続して利用できます。
町民サービス部 税務窓口課
皆様からのお問い合わせの多い内容についてお答えしています。【町県民税、固定資産税、軽自動車税など】
町民サービス部 税務窓口課
町民サービス部 税務窓口課
町・県民税、固定資産税等の納期限・納付場所、口座振替制度のご案内
町民サービス部 税務窓口課
個人町県民税(個人住民税)の特別徴収のご案内・届出の書式など
町民サービス部 税務窓口課
事業主が従業員などの給与を支払った場合は、市町村へ給与支払報告書の提出が必要です。
町民サービス部 税務窓口課
町税の申告や届出が、インターネットで手続きできます。(個人町県民税、法人町民税、固定資産税償却資産など)
町民サービス部 税務窓口課
各種証明に掛る手数料一覧表
町民サービス部 税務窓口課
県や市町村の仕事は、私たちの日常生活に直接結びつくもので、生活環境の整備や住民福祉の充実を図ることです。そのための資金となる町税等の地方税は、県や市町村に納めるもので、多くの住民の皆さんに負担をしていただいています。
町民サービス部 税務窓口課
個人県民税、事業税、不動産取得税、自動車税について
町民サービス部 税務窓口課
所得税、相続税、贈与税、消費税について
町民サービス部 税務窓口課
住宅や倉庫などの家屋を取り壊したときは、税務窓口課へ取壊し届出書の提出をお願いいたします。現地確認を行った上で、翌年度の課税対象から除きます。
 法務局で滅失登記をすでに済まされた方は、提出不要となります。
町民サービス部 税務窓口課
町民サービス部 税務窓口課
 自己の居住の用に供する家屋で、一定の要件を満たすものについて所有権保存登記、移転登記を行うときに、この証明書を添付することにより登録免許税の軽減が受けられます。
町民サービス部 税務窓口課
町民サービス部 税務窓口課
町民サービス部 税務窓口課
町民サービス部 税務窓口課
町民サービス部 税務窓口課
住民登録は、その人の住所を公的に証明するもので、住所、氏名、生年月日、性別、世帯構成、本籍地などを「住民基本台帳」に登録するものです。
町民サービス部 税務窓口課
転入・転居・転出・ 世帯変更の各届出の際の虚偽の届出等を防止し、また、住民票等の請求については不正な請求 を防止するため、窓口に来られた方の本人確認をさせていただきます。ご協力をお願いします。
町民サービス部 税務窓口課
印鑑登録は「実印」として作成した印鑑を登録し、その印鑑が実印であると証明するものです。そのため、原則として本人しか登録できません。また、15歳未満の人と成年被後見人は登録できません。
町民サービス部 税務窓口課
戸籍は、出生、婚姻、死亡、親子関係などを明らかにした公簿で、夫婦と子ども単位で一つの戸籍ができます。この戸籍のあるところを「本籍」といい、本籍地でしかとることができません。また、戸籍に登載されている人全部が載った証明を「全部事項証明」(戸籍謄本)、戸籍に登載している人のうち必要とするものだけを証明したものを個人事項証明(戸籍抄本)といいます。
町民サービス部 税務窓口課
政府広報オンラインページへリンクします。
町民サービス部 税務窓口課
政府広報オンラインページへリンクします。
町民サービス部 税務窓口課
申請窓口・申請に必要な物について
町民サービス部 税務窓口課
国民年金は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のかたが加入する制度です。
町民サービス部 税務窓口課