サイト内検索
検索
メールを送る
サイトの現在位置
トップ生活・環境ごみについて  もえるごみ混入状況調査(平成26年2月24日開催)の結果を報告します。
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
災害・防犯情報
まちの紹介
行政情報
公式facebook
広報かいせい
前のページへ 
2014年3月13日 更新
印刷用ページを開く
もえるごみ混入状況調査(平成26年2月24日開催)の結果を報告します。
【実施日】
●第1回 平成23年2月17日(木)
●第2回 平成23年8月30日(火)
●第3回 平成24年2月24日(金)
●第4回 平成24年10月25日(木)
●第5回 平成25年3月1日(金)
●第6回 平成25年5月13日(月)
●第7回 平成25年8月19日(月)
●第8回 平成25年11月15日(金)
●第9回 平成26年2月24日(月)今回開催
【目的】
 家庭系もえるごみとして搬出されているものの中に、どの程度、他のごみが混入しているのかを調査し、もえるごみの減量可能な量を推計するものです。

【調査方法概要】
 @当日、もえるごみの収集場所(30箇所)から1袋ずつサンプルを収集(合計30袋)
 A役場において、もえるごみ(生ごみ以外)と生ごみ、その他に分別されるべきごみの分別作業を実施
 B計量し、生ごみとその他に分別されるべきごみの割合を算出
 C前年度のもえるごみの総量で、どの程度、もえるごみの減量が可能だったかを算出
 第1回に開催した際には、生ごみの分別調査は実施していません。 

 ※個人情報が分かるごみは、町職員が即刻廃棄し調査しています。
【結果概要】
 過去の結果と今回の結果の比較
 
分別前の
もえるごみ
分別後の
もえるごみ
分別後の
生ごみ
その他に分別
されるべきごみ
第1回
(H23.2月)
132.7kg
100.9kg
(76.0%)
31.8kg
(24.0%)
第2回
(H23.8月)
125.4kg
44.3kg
(35.3%)
47.6kg
(38.0%)
33.5kg
(26.7%)
第3回
(H24.2月)
86.4kg
24.4kg
(28.2%)
43.0kg
(49.8%)
19.0kg
(22.0%)
 第4回
(H24.10月)
113.5kg 
39.0kg
(34.4%) 
 46.0kg
(40.5%)
28.5kg
(25.1%) 
第5回
(H25.3月)
103.0kg
49.25kg
(47.8%)
32.0kg
(31.1%)
21.75kg
(21.1%)
第6回
(H25.5月)
119.8kg
38.3kg
(32.0%)
44.0kg
(36.7%)
37.5kg
(31.3%)
第7回
(H25.8月)
123.5kg
32.6kg
(26.4%)
50.5kg
(40.9%)
40.4kg
(32.7%)
第8回
(H25.11月)
115.85kg
28.35kg
(24.5%)
46.3kg
(40.0%)
41.2s
(35.6%)
第9回
(H26.2月)
130.55kg
38.3kg
(29.3%)
62.5kg
(47.9%)
29.75kg
(22.8%)
 出されたもえるごみの中に、資源ごみ(特に包装紙などの雑がみ)やプラスチック製容器包装の混入が多く見られました。 
分別を徹底し、完全に生ごみをたい肥化できたと仮定すると、年間、もえるごみの収集運搬費が約2,186万円減らせる計算になります。(1日あたりに換算すると約6万円)
平成24年度の町内全体のもえるごみは、約2,975tでした。
今回の調査と同じ割合で他に分別されるべきごみが混入し、生ごみが出されていた場合、
他に分別されるべきごみは年間で約678.3tに、
生ごみは年間で約1,425.0tになります。

分別を徹底し、完全に生ごみをたい肥化できたと仮定すると、年間約2,103.3tのもえるごみを減らすことができます。

年間のもえるごみの収集運搬費に換算すると約2,186万円になります(1日あたりに換算すると約6万円)。
詳細な結果については、こちらから
平成23年2月17日実施の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成23年8月30日の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成24年2月24日の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成24年10月25日の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成25年3月1日の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成25年5月13日の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成25年8月19日の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成25年11月15日の調査結果の詳細については、こちら⇒

平成26年2月24日(今回)の調査結果の詳細については、こちら⇒
第1〜9回調査の分析・数値のまとめ
季節別(春夏秋冬)、収集地区別(町北側、南側)でこれまで一通り調査を実施しました。
(第1回調査は生ごみの分別調査を実施していなかったため、第9回調査で改めて実施。)
今回で一旦調査を終了します。第1〜9回調査の分析・数値について次の通りまとめました。
結果については、今後、町民への啓発や、町施策に活用します。

第1〜9回調査の分析・数値のまとめは、こちら⇒
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
町民サービス部 環境防災課
〒258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
Tel: 0465-84-0314  Fax: 0465-82-5234
E-Mail: こちらから