サイト内検索
検索
メールを送る
サイトの現在位置
トップ生活・環境生ごみ処理器設置推進制度 【生ごみ処理器:キエーロ】
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
災害・防犯情報
まちの紹介
行政情報
公式facebook
広報かいせい
 
2018年6月18日 更新
印刷用ページを開く
生ごみ処理器設置推進制度 【生ごみ処理器:キエーロ】
 町では生ごみの削減に向け、電気を使わずエコな生ごみ処理器の設置推進制度を実施しています。
 平成24年度から実施しており、平成27年4月から負担金額を値下げしました。
 ごみの減量化に向けて、町民のみなさんのご協力が必要です。この機会に、ぜひ、ご自宅で生ごみ処理を始めてみませんか!
●制度の概要について
生ごみ処理器(キエーロ)の種類は、3種類です。
処理器の設置には、申込(申込書)と個人負担金の支払いが必要です。
初回の黒土は、町が用意します。

要綱や、申込書、生ごみ処理器(キエーロ)の種類や使い方は、下段PDFファイルをご確認ください。
 
*申し込みから処理器設置までの流れ*
1.環境防災課窓口で申込(申込書は窓口にもあります。)
       ↓
2.負担金の支払い(後日、納付書を郵送します。)
       ↓
3.支払いを確認
       ↓
4.生ごみ処理器の配達、設置

  生ごみ処器(キエーロ)は受注生産のため、申込から設置まで1カ月半週間程度を想定しています。個人負担金の支払いや、処理器の在庫状況により変わります。
 
*対象者・条件*
@町内に住所を有し、現に居住していること。
A設置した処理器を使用して、自らの家庭で排出する生ごみを自家処理する意志があり、適正な維持
 管理ができること。
Bこの制度による処理器の設置個数は1世帯につき2個までとします。ただし、設置した処理器が3
 年経過しているとき、または、通常の使用による破損等により、修理が困難で使用不能となってい
 るときはこの限りではありません。
●生ごみ処理器(キエーロ)について
“黒土の微生物の力だけで生ごみを分解する”生ごみ処理器です。
黒土に生ごみを入れて混ぜるだけで、生ごみが分解され消滅するので管理が簡単です。
通常は、黒土を補給する必要もありません。ただし、中の土を堆肥として使用した場合は、個人負担で黒土を補給してください。

○ ベランダdeキエーロスリム(幅90p/奥行35p/高さ77cm)
  ・価格23,000円 → 個人負担金額 5,000円
  ・陸前高田産気仙杉を使用。
  ・サイドネット付きのため、小動物が入り込むのを防ぎます。

○ ベランダdeキエーロ(幅90p/奥行43p/高さ77cm)
  ・価格18,000円 → 個人負担金額 3,000円
  ・合板木材を使用。

○ バクテリアdeキエーロスリム(幅105p/奥行58p/高さ45cm)
  ・価格15,500円 → 個人負担金額 3,000円
  ・合板木材を使用。
  ・底板なしタイプで、土に直接設置させます。
PDFファイルはこちら
(namagomishoriki_yoko_1804.pdf: 142k)
(namagomishoriki_mousikomi_1804.pdf: 83k)
(kie-ro_201804.pdf: 871k)
本文終わり
ページのトップへ
町民サービス部 環境防災課
〒258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
Tel: 0465-84-0314  Fax: 0465-82-5234
E-Mail: こちらから