サイト内検索
検索
メールを送る
サイトの現在位置
トップ医療熱中症を予防しましょう!
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
災害・防犯情報
まちの紹介
行政情報
公式facebook
広報かいせい
 
2018年5月25日 更新
印刷用ページを開く
熱中症を予防しましょう!
気温の高い日が続くこれからの時期に備え、熱中症予防や対策をしっかり行いましょう。
○熱中症とは
 
・高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かないことで体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や怠惰感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
・気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが組み合わされることにより、熱中症の発生が高まります。特に、急に暑くなった日は注意が必要です。
・屋外で活動しているときだけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症が発生し、救急搬送されたり、死亡する事例も報告されています。
 
○熱中症の予防法について
 
@水分・栄養補給
・こまめに水分補給して、汗をかいたときは塩分の補給も必要です。
A熱中症になりにくい室内環境
・扇風機やエアコンを使った温度調整をする。
・室温が上がりにくい環境の確保をする。(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
B体調に合わせた対策
・こまめな体温測定をする。
・吸水性、通気性の良い服を着用する。
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却を行う。
C外出時の注意
・日傘や帽子の着用をする。
・日陰の利用、こまめな休憩を行う。
・天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控えましょう。
 
○注意していただきたいこと
 
@暑さの感じ方は人によって異なります。
・人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して、暑さに対する抵抗力(感受性)は個人によって異なります。
・自分の体調の変化に気をつけ、暑さの抵抗力に合わせて、万全の予防を心がけましょう。
A高齢の方は注意しましょう。
・熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対する体の調節機能も低下しているので、のどの渇きを感じていなくてもこまめに水分補給をしたり、暑さを感じなくても扇風機やエアコンを使って温度調節をするように心がけましょう。
本文終わり
ページのトップへ
保健福祉部 保険健康課
〒258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
Tel: 0465-84-0320  Fax: 0465-85-3433
E-Mail: こちらから