本文
サイトの現在位置
2020年6月17日 更新
フレイル(虚弱)を予防しましょう
感染症予防や熱中症予防のため室内で過ごす時間が多くなると、フレイル(虚弱)の危険性が高まります。
フレイルは「加齢により心身が老い衰えた状態」をいいます。早く対策を行えば元の健康な状態に戻る可能性があります。高齢者のフレイルは、生活の質を落とすだけでなく、介護が必要になる可能性も高めてしまいます。

フレイル(虚弱)を予防するために…

(1) 生活不活発に気を付けて
 フレイル(虚弱)は「動かないこと(生活不活発)」が主な原因です。 「動かないこと(生活不活発)」の状態が続くことで、身体や頭の働きが低下していてしまいます。 歩くことや身の回りのことなど生活動作が行いにくくなったり疲れやすくなったりし、更にフレイル(虚弱)が進んでいきます。  

(2) フレイル(虚弱)が進むと
 身体の回復力や抵抗力が低下、疲れやすさが改善しにくくなります。 また、感染症が重症化しやすい傾向にあります。 フレイルを予防し抵抗力をさげないように日々の生活でフレイル予防に取り組むことが大切です。
 〇「フレイルの進行を予防するために」(老年医学会作成)のパンフレットはこちら

(3) フレイルを予防しましょう。
 フレイルは生活の工夫や心がけで防ぐことができます。

★動かない時間を減らしましょう★
  1.  座っている時間を減らし、散歩に出かけたり、家の中でも体を動かすようにしましょう
  2.  筋肉を維持しましょう。関節も硬くならないように気を付けて。
  3.  日の当たるところで運動を心がけましょう
 〇自宅でできる運動を掲載した「おうちでフレイル予防」のパンフレットはこちら

★しっかり食べて栄養をつけ、バランスのよい食事を★
  1. 3食バランスよく食べましょう
  2. こまめに水分摂取をしましょう

★お口を清潔に保ちましょう。しっかり噛んで毎日おしゃべりを★
  1. 毎食後、寝る前に歯を磨きましょう。
  2. お口周りの筋肉を保ちましょう。おしゃべりも大切です

★家族や友人・知人との支えあいが大切です★
  1. 電話などを利用した交流をしましょう。
  2. 困ったときは支えあいましょう。また一人で抱え込ずに相談をしましょう
 

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
町民福祉部 福祉介護課
説明:地域福祉、障がい福祉、町営住宅、DV相談、高齢者福祉、介護保険、介護予防など
住所:258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
TEL:0465-84-0316
FAX:0465-82-5234