本文
サイトの現在位置
2021年5月21日 更新
設置しましたか?住宅用火災警報器!
開成町でも消防法及び小田原市火災予防条例により、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。(平成23年6月から義務化)住宅火災による死者の発生状況を経過別にみると、「逃げ遅れ」が最も多く、火災の発生時間帯別では就寝時間が多いことから、次のとおり設置場所が決められています。

住宅用火災警報器って何?

 火災が発生したときには、目で煙や炎をみたり、鼻で焦げ臭いにおいを感じたり、耳でぱちぱちという音を感じたり…と五感によって気づくことがほとんどだと思います。しかし、それだけでは、就寝中や仕切られた部屋などで物事に集中しているときなどには、火災に気づくのが遅れてしまします。
 そこで、家庭内で火災をいち早くキャッチし、知らせてくれるのが住宅用火災警報器です。
 住宅用火災警報器は、火災により発生する煙又は熱を感知し、音や音声により警報を発して火災の発生を知らせてくれる機器です。

〇天井や壁に取り付けて、火災の初期段階において煙や熱を自動的に感知し、警報音や音声によって知らせてくれます。
〇電源は、電池式のものや家庭電源(100V)式があり、簡単に取り付けることができます。

どんな種類があるの?

◆煙式(光電式)
煙が警報器に入ると音や音声で火災の発生を知らせます。

◆熱式(低温式)
警報器の周辺温度が一定の温度に達すると音や音声で火災の発生を知らせます。

◇単独型
火災を感知した警報器だけが警報を発します。

◇連動型
火災を感知した警報器だけでなく、連動設定を行っているすべての警報器が火災信号を受け警報を発します。







設置場所、設置位置は?

◆寝室と、寝室のある階の階段室に取り付けが義務付けられています。

◆寝室が無くとも2フロアごとの階段上部に取り付けが義務付けられています。

※ 台所と居室は任意設置

◇天井に設置する場合
壁又ははりから0.6m以上離れた位置に設置する。

◇壁に設置する場合
天井から15㎝以上50㎝以内の位置に設置する。

◇換気口やエアコン等の空気吹き出し口がある場合
1.5m以上離れた位置に設置する。


お手入れや点検を定期的に行いましょう!

◆住宅用火災警報器は、家族にいちはやく火災発生を知らせてくれるものです。『いざ』という時にきちんと作動するよう、点検は定期的に行いましょう。

『住宅用火災警報器 設置・交換ガイドブック』

※ 上の画像をクリックすると、一般財団法人 日本火災報知機工業会のホームページにリンクします。


住宅用火災警報器が役立った火災はあるの?

開成町を含む小田原消防本部管内では、実際に次のような事例がありました。

〇共同住宅に住む男性は、やかんをガスコンロにかけたまま寝てしまい、住宅用火災警報器の鳴動により、コンロ付近の火災に気が付き、水道水をかけて消し止めることができた。

〇住宅付近を通りがかった男性が、火災警報器の音と焦げたにおいを確認し、煙の方向に向かうと窓際で炎があがっており、水道水をかけて消し止めることができた。

〇共同住宅に住む女性は、住宅用火災警報器が隣人宅から聞こえ、外へ出ると焦げ臭いにおいと白煙がでているのを発見。女性は大家に知らせた後119番通報した。大家は煙が出ている部屋に合鍵で入り、煙が出ている布団に水道水をかけて消し止めることができた。

悪質な訪問販売等に気を付けて!!

《怪しいと思ったらその場で消防署に連絡を!》

1 住宅用火災警報器は何十万円もしません!
住宅用火災警報器は、家電量販店やホームセンター、電気器具販売店や防災設備取扱い店で1個3,000円~10,000円程度で販売されており、自分で取り付けることができます。
また、ガス事業者が取り扱っているガス警報器との複合型のもので1個14,000円程度です。
警報器の設置を業者に依頼する場合は、事前に見積りを取り、設置工事の内容などを十分確認した上で契約してください。

2 消防職員は売りません!
消防職員が住宅用火災警報器の販売を行うことや、特定の業者に販売の依頼をすることはありません。

3 しつこい勧誘はきっぱり断りましょう。
強引な営業やしつこい勧誘に対しては「契約しません。」ときっぱりと断り、不審な業者を安易に家に入れないようにしましょう。勧誘や購入に関して疑問や不安を感じたときは、消防署や消費生活センターに連絡してください。

4 契約に関係する書類は必ず保管しておいてください。
契約や購入をした場合は、その後も連絡がとれるよう業者の連絡先を確認し、必ず契約書、納品書及び領収書を保存しておいてください。

5 悪質な業者と契約してしまっても諦めないでください。
契約してしまった後でも、状況によってはクーリング・オフ制度を活用して契約の解除等を行える場合があります。諦めずに、消費生活センターにご相談ください。

※ くわしくは、画像をクリック!!総務省消防庁のホームページにリンクします。

小田原市消防本部 予防課 0465-49-4427
足柄消防署 消防課    0465-74-6663

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
企画総務部 防災安全課
説明:防災、消防、防犯、交通安全、消費者保護など
住所:258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
TEL:0465-84-0326
FAX:0465-82-5234