本文
サイトの現在位置
2020年2月5日 更新
「人・農地プラン」とは
 現在、全国的に、高齢化や後継者不足により耕作放棄地が増加するなどの「人と農地の問題」が顕在化しています。それにより5年後、10年後の農業の展望が描けない地域が増えています。
 「人・農地プラン」は、こうした地域が抱える「人と農地の問題」について、地域の将来像を検討し、課題を抽出・解決していくための計画書でありいわば「未来の設計図」となるものです。

「人・農地プラン」で位置づける事項

人・農地プランで位置づける主な事項には次のようなものがあります。
○今後、地域の中心となる経営体
○農地の提供等により地域の中心となる経営体と連携する農業者
○今後の地域農業のあり方(生産品目、経営の複合化、6次産業化など)

開成町「人・農地プラン」について

 開成町では、平成27年3月に農業振興地域である岡野・金井島地区で開成町「人・農地プラン」を作成しました。
 今年度は、プランの見直しによって対象地域を農業振興地域全体に拡大しました。プランの見直しに当たっては、次の日程で農業者との地域座談会を開催し、意見交換を行いました。

【座談会】
①日 時:平成31年2月27日(水) 18:30~20:00
 場 所:金井島公民館
②日 時:平成31年2月28日(木) 18:30~20:00
 場 所:開成町民センター大会議室

 また、開成町「人・農地プラン」検討会を開催し、プラン内容の審査及び検討を行いました。

【検討会】
 日 時:平成31年3月15日(金)11:00~12:00
 場 所:開成町民センター中会議室A 

人・農地プランの実質化

 策定した人・農地プランを実りあるものとするため、農業者の意向把握と農地情報の地図化(人・農地プランの実質化)を推進しています。開成町では、令和2年度末までにプランの実質化を完了させる予定です。

人・農地プラン策定のメリット

 「人・農地プラン」策定により、様々な支援を受けることができます。詳細については、以下のリンクをご覧ください。

○農業次世代人材投資資金(経営開始型)
 就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保するため、年間150万円の給付金が給付されます。

○スーパーL資金の金利負担軽減措置(当初5年間無利子化)
 「人・農地プラン」に地区の中心となる経営体として位置付けられた認定農業者が借り入れるスーパーL資金について、貸付当初5年間の金利を利子助成により実質無利子化されます。

○強い農業・担い手づくり総合支援事業
 地区の中心となる経営体が、地区農業の問題解決に取り組むため、融資を活用して機械・施設等を導入する際、融資残(事業費の10分の3以内)について補助金が交付されます。

農業者及び農地を所有している方へ

 「人・農地プラン」の策定には農業者や農地の所有者の協力が不可欠です。プランの見直しに係る座談会には、地区内の農業者をはじめ、地区外からの入り耕作者や農地の出し手の方も積極的にご参加くださいますようお願いいたします。

PDFファイルはこちら
Adobe Readerを入手する
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
都市経済部 産業振興課
説明:農業振興、農地保全、農業委員会、商工業振興、企業立地促進、観光振興など
住所:258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
TEL:0465-84-0317
FAX:0465-82-5234