本文
サイトの現在位置
2020年1月28日 更新
社会資本整備総合交付金事業に関する整備計画
社会資本総合整備計画は国土交通省所管の社会資本整備総合交付金を活用して実施する、社会資本の整備などの取組みに関する計画です。

制度概要

<社会資本整備総合交付金とは>
社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け補助金等を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫が活かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されたものです。

整備計画の基本的な仕組みなど

・地方公共団体は、目標や目標実現のための事業等を記載した「社会資本総合整備計画」を作成し、国に提出します。(計画期間はおおむね3~5年)
・国は、毎年度、当該計画に基づき交付額を算定して、交付金を交付します。
・計画期間の終了後は、各地方公共団体自ら事後評価を行い公表します。

開成町の計画は、神奈川県が取りまとめて国へ申請して事業を実施しています。
開成町の実施計画事業が含まれている計画は下記のリンク先です。

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
都市経済部 街づくり推進課
説明:都市計画、開発行為、建築確認、公園、道路整備、地籍調査、上下水道公務など
住所:258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
TEL:0465-84-0321
FAX:0465-82-5234
担当者:開成町まちづくり部街づくり推進課
基盤整備担当