本文
サイトの現在位置
2021年4月1日 更新
富士山ハザードマップが改定されました
富士山ハザードマップが改定され開成町を含む県内7市町に溶岩流が到達する可能性が生じました。

富士山は過去5,600年間に175回の噴火記録がある活火山です。
富士山が噴火した場合、神奈川県内が受ける影響は、これまで降灰による影響のみ想定されていましたが、新たな火口が発見されたなどの要因により、17年ぶりに富士山ハザードマップが改定され、神奈川県内7市町(相模原市、小田原市、南足柄市、大井町、松田町、山北町、開成町)に、新たに溶岩流が到達する可能性があることが発表されました。
活火山であることを認識して、火山情報が発表された場合には、情報に注意してください。

新たに発表された富士山ハザードマップにおいて、溶岩流が開成町に到達する可能性は次のとおりです

〇大規模噴火が予想される噴火口69箇所のうち3箇所の噴火口のいずれかで噴火が発生した場合は、開成町全域に溶岩流が到達する可能性があります。

〇中規模噴火が予想される噴火口91箇所のうち2箇所の噴火口のいずれかで噴火が発生した場合は、町内の北部地域まで溶岩流が到達する可能性があります。

今後の町の取り組み事項

〇県、富士山火山防災協議会との調整
・広域避難先
・広域避難経路
・避難時の応援職員要請
・避難開始時期
〇広域避難要領の具体化
・開成町地域防災計画改正に伴い富士山火山対策編の追加
・富士山噴火避難計画の作成
〇報道対応、住民説明等
・報道機関への取材対応、住民説明会の実施
〇広域避難に関する訓練等の実施
・図上訓練
・実動訓練

詳細はこちら
富士山ハザードマップ等について
ファイルサイズ:478KB
富士山ハザードマップ改定に伴う詳細はこちらでご確認ください。
Adobe Readerを入手する
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
企画総務部 防災安全課
説明:防災、消防、防犯、交通安全、消費者保護など
住所:258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
TEL:0465-84-0326
FAX:0465-82-5234