本文
サイトの現在位置
2020年9月10日 更新
木造住宅の耐震診断費及び耐震改修工事等補助制度
 町では、東海地震や県西部地震の切迫性が指摘される中、個人の木造住宅について、耐震診断費及び耐震改修工事等の補助を行っています。

目的等

 町では、開成町耐震改修促進計画に基づき、地震に強い安全なまちづくりを推進しています。
 この中で、阪神・淡路大震災では、住宅・建築物の倒壊による大きな被害が見られましたが、特に建築物の耐震性能が強化される前(昭和56年5月以前)に建築されたものに大きな被害が発生しました。
 この昭和56年5月以前に建てられた建築物ついては、現行の耐震性能の基準を満たしていない場合がありますので、町では木造住宅の耐震診断及び耐震改修の補助を行っております。該当する建築物の所有者の方は、耐震診断で耐震性を確認し、必要に応じて耐震改修工事をお願いします。
 また、平成28年4月からは、昭和56年6月以降に増築又は改築工事に着工し、増築又は改築に係る床面積が既存の延べ面積の2分の1以内のものを補助することとして対象を拡大し、さらなる推進に努めています。

木造住宅耐震診断費補助制度

・補助条件 次の条件をすべて満たす木造住宅
(1)町内在住の方が所有している建物で、その所有者または家族が居住しているもの
(2)昭和56年5月以前に建築された一戸建住宅・二世帯住宅・店舗兼用住宅
 ※ただし、昭和56年6月以降に増改築工事に着工し、増改築に係る床面積が既存の延べ面積の2分の1以内のものを含みます。
(3)2階建て以下の建物で、在来軸組工法により建築されたもの

・補助内容
  耐震診断費は概ね7~8万円程度です。この費用の3分の2まで、5万円を限度に補助します。

木造住宅耐震改修工事等補助制度

・補助条件 上記耐震診断の補助条件を満たし、次の条件も満たす木造住宅
  耐震診断の結果、総合評点が1.0未満と診断されたものを1.0以上となるように改修するもの

・補助内容
  耐震改修工事等に要する費用の2分の1まで、60万円を限度に補助します。

詳しくは、下記の要綱等をご覧ください。

関連情報はこちら
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
都市経済部 街づくり推進課
説明:都市計画、開発行為、建築確認、公園、道路整備、地籍調査、上下水道公務など
住所:258-8502 神奈川県足柄上郡開成町延沢773
TEL:0465-84-0321
FAX:0465-82-5234